郷の家

赤松の床板が心に残った

S様

夢ハウスを選んだきっかけ アパート暮らしが長いS様は冬のフローリングの寒さ、変形して閉めにくい建具などの不満があるものの、通勤に便利という事で家を持つという考えは全く無かった。 その心境が一変したのが夢ハウスで家を建てた友人の住宅完成見学会。冬場にも関わらず天然赤松の床板の温もりにとても驚かれたそうだ。「アパートのフローリングと全然違いました」とは奥様。すっかり赤松の床板のファンになったようだ。